会員規約

平成25年4月1日 制定


一般社団法人ウレシパクラブは、会員制度の基本的なルールについて以下の通り規定する。

第1章 入会・退会

第1条(入会)
  一般社団法人 札幌大学ウレシパクラブ(以下、本会と呼ぶ)に入会する場合は、所定の申込用紙を提出し、理事会の承認を得なければならない。また、5条で定める年会費を支払わなければならない。
第2条(内容変更)
  申込用紙に記入した事項(連絡先など)に変更がある場合には、速やかに事務局にその旨を申し出ることとする。
第3条(退会)
  退会を希望する者は、いつでも事務局にその旨を申し出ることにより退会することができる。

第2章 会員の種類

第4条(会員の種類)
  本会の会員は、次の条件に合った10種類とする。
  1 一般会員は、この会の趣旨に賛同し、この会を応援したい個人とする。
  2 カンパニー会員は、この会の趣旨に賛同し、この会を応援したい企業とする。以下の会費により、ウレシパ・カンパニー会員、ポロ・カンパニー会員、ポン・カンパニー会員とする。
  3 団体会員は、この会の趣旨に賛同し、この会を応援したい地方自治体、財団などの団体とする。
  4 奨学生会員は、札幌大学のウレシパ奨学金を受給している学生とする。
  5 学生会員は、この会の目的に賛同して入会した札幌大学の大学生・大学院生とする。また、その他の大学生・大学院生の場合、活動の理念を理解し、代表理事の承認があった場合のみ、会員になることが出来る。
  6 教職員会員は、この会の目的に賛同して入会した札幌大学の教員または職員とする。ただし、代表理事の承認があった場合、他の教育機関の教職員も会員になることが出来る。
  7 卒業生会員は、奨学生会員と学生会員を経験した個人とする。
  8 名誉会員は、ウレシパクラブに著しく貢献し、今後も支えていく個人とする。

第3章 会費

第5条(年会費)
  会費は、年度ごとの年会費とし、以下に定める会費を年度ごとに納入しなければならない。なお、支払われた会費は年度内に退会しても返還しないものとする。
  1 一般会員            1口  2,000円
  2 ウレシパ・カンパニー会員    1口 50,000円
  3 ポロ・カンパニー会員      1口 10,000円
  4 ポン・カンパニー会員      1口  3,000円
  5 団体会員            1口 50,000円
  6 奨学生会員           1口  1,000円
  7 学生会員            1口  1,000円
  8 教職員会員           1口  2,000円
  9 卒業生会員           1口  2,000円
第6条(納入期限)
  年会費は6月末までに支払わなければならない。ただし、年度の途中で入会する者は、申込書を提出した後、2ヶ月以内に会費を支払うものとする。なお、年度の途中であっても年会費は減額しないものとする。
第7条(未納入の措置)
  申込書を提出した上で年会費が支払われない場合、督促した後、入会を拒否する場合がある。
第8条(基金の設置と管理)
  1 活動の為、定款の定めに従い基金を設置することができる。
  2 基金の管理は、代表理事が行うものとする。
  3 代表理事は、基金に関する事業計画を策定し、理事会の承認を経て決定し総会にて報告するものとする。

第4章 活動・活動内容

第9条(活動の種類)
  本会は、定款の目的に従い以下の活動を行うものとする。
  1 アイヌ語、アイヌ文化、アイヌ史、アイヌ民族に関わる社会情勢、民族問題などを学ぶための学習会
  2 伝統舞踊及び歌謡の練習など、実技を含めた学習会
  3 外部の教育者や指導員による学習会
  4 展示物や映像などの制作
  5 本会が主催するイベントの実施
  6 外部より依頼を受けたイベントへの参加
  7 インターネットや刊行物を通じたウレシパクラブの情報発信・活動報告などの広報活動
  8 事務や財務・会計などの事務局の活動
  9 その他、この会の目的達成に必要な活動を行う
第10条(活動内容)
  1 学習会…週に2度、アイヌ文化やアイヌ語を学ぶ。
  2 全体会議…毎月1度、活動の報告やその他必要事項などの話し合いを行う。
  3 山菜採り…山に入って、アイヌ文化における植物のレクチャーを行い、実際に山菜を採る体験をする。
  4 総会…年1回行われる、会員総会。
  5 夏合宿…白老、阿寒、二風谷を中心に各地域へ赴き、アイヌ文化を学ぶために行う学外体験学習。
  6 ウレシパ・ツアー…奨学生・学生会員の3年生以上が企画して行う、会員参加型イベント。
7 ウレシパ・フェスタ…年1回行う、ウレシパクラブの活動発表のためのイベント。
  8 事前合宿…年度の総括、次年度に入学する奨学生会員とともに、次年度について話し合う。

第5章 参加資格

第11条(参加規程)
  会員は、第12条の取り決めに従い毎年行う活動について参加できるものとする。ただし、特別の事情があるとき、代表理事の承認を得た場合はこの限りでない。
第12条(活動参加資格)
  1 学習会…奨学生会員、学生会員、教職員会員、卒業生会員、名誉会員
  2 全体会議…奨学生会員、学生会員、教職員会員、各カンパニー会員、団体会員、卒業生会員、名誉会員
  3 総会…全会員
  4 山菜採り…奨学生会員、学生会員、教職員会員、各カンパニー会員、団体会員、卒業生会員、名誉会員
  5 夏合宿…奨学生会員、学生会員、教職員会員、各カンパニー会員、団体会員、卒業生会員、名誉会員
  6 ウレシパ・ツアー…全会員
  7 ウレシパ・フェスタ…全会員
  8 事前合宿…奨学生会員、学生会員、教職員会員、各カンパニー会員、団体会員、卒業生会員、名誉会員
第13条(参加費)
  上記活動に参加する場合には、会費とは別に実費を勘案して定める参加費を支払う場合があるものとする。

第6章 事務局

第14条(事務局の設置)
  本会は、本会の事務を遂行するために以下の通り事務局を設置するものとする。
   住所  〒062-8520北海道札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1札幌大学内
   連絡先 TEL&FAX:011-852-9335 Email:urespa@sapporo-u.ac.jp
第15条(事務員)
  本会事務局の事務員は代表理事が選出し、理事会で承認された者が行うものとする。
第16条(事務内容)
  事務局は、会員の名簿の管理・作成、本会で発生する金銭の帳簿管理、その他必要な書類の作成を行うものとする。

第7章 会員の権利

第17条(会員の権利)
  会員は以下の権利を持つことができる。
  1 会員証の所有
  2 年2回発行の会報『ウレシパ・ソンコ』やウレシパクラブで作成した資料などの定期的郵送
  3 ウレシパ・フェスタ等のイベントで配布する内部及び外部に対して発信するためのパンフレットや『ウレシパ・ソンコ』印刷物での、名前及び名称の記載
  4 会員が作成する刊行物や広告などへのウレシパクラブに参加応援している旨の表記
  5 ウレシパ・フェスタなど会が開催する催しへの、優先的な入場

以上