山菜採り

4月29日、今年も平取町二風谷でウレㇱパクラブ恒例の山菜採りを行いました。会員様と学生の自己紹介のあと、いよいよ山菜採り開始です。学生全員が、事前に調べた山菜を解説します。新入生5名、積極的に頑張っていました。先輩も負けていません!昼食は、案内人・貝澤ユリ子さんお手製の豚汁を頂きました。見つけられなかった山菜などは、休憩時間に解説を行いました。カタクリ (アイヌ語名:エㇱケリㇺリㇺ) 花が綺麗ですが、利用されるのは葉や土に隠れた部分です。オオウバユリ (アイヌ語名:トゥレㇷ゚) 葉は光沢があるので分かりやすいです。 オオウバユリの鱗茎ギョウジャニンニク (アイヌ語名:プクサ) 香りが強いのが特徴です。フキ (アイヌ語名:コㇿコニ) 群生している様子が見られました。 知識をつけながら、楽しんで山菜を採ることができました。

山菜採り(平取町ペナコリ)2016年5月8日(日)各自が調べた山菜を解説しました。ソㇿマ(コゴミ)です。おひたしやマヨネーズあえがオススメです。昼食休憩です。お昼には豚汁を頂きました。プクサキナ(ニリンソウ)です。オハウキナともいいオハウ(汁物)によく入れるキナ(草)です。お昼には自己紹介を行いました。モミジガサです。ゴマ和えがとてもおいしいです。帰りは平取町二風谷で少し休憩しました。山菜採りは怪我もなく無事終了しました!

山菜採り (平取) 2015年5月10日(日)学生(竹内智秋)による植物の解説の様子参加者みんなで山菜採りをしている様子学生(1年生の原田啓介)のトリカブト(アイヌ語名:surku)の解説山菜採りをした場所の山を少し登ったところからの景色参加してくださった皆様、イヤイライケレ!

山菜採り(平取) 2014年5月11日(日) 学生がアイヌ文化において関わりのある山菜の解説を行います。私たち学生が制作・編集した植物図鑑。参加者の皆様にお配りします。急な斜面も登って行きます。フキコゴミ行者にんにくカタクリオオウバユリの根また、今回は山菜採り後にカムイノミを行いました。今回のカムイノミは、豊かな収穫とケガなく無事に終えられたことを感謝する祈りを。参加してくださった皆様、イヤイライケレ!

2013年5月 山菜採り参加してくださった皆様、イヤイライケレ!

2012年5月 山菜採り