ホームホームクラブについてクラブについてメンバー紹介メンバー紹介写真写真活動レポート活動レポート特別事業特別事業写真写真お問い合わせお問い合わせ

アイヌアート建設 特別事業
JR札幌駅 アイヌアートモニュメント維持費のご協力のお願い
   ◆皆様の多大なるご支援により、平成26年2月2日(日)に無事設置することができました!イヤイライケレ!


イランカラテ(こんにちは)!
 2008年、日本政府はアイヌの人びとを日本の先住民族と認めました。
以来、内閣官房を中心として国民理解推進のための様々な施策が検討されてきました。
そのような流れを受け、本年2013年には、「イランカラテ(こんにちは)」を北海道のおもてなしの言葉として広く定着させるための、イランカラテ・キャンペーンが始まりました。

 キャンペーンの一環として、このたび、JR北海道様のご理解・ご協力のもと、札幌駅西コンコースに、アイヌアートモニュメントが設置されました。

 このモニュメントは約2.5メートルで、弓矢を持つエカシ(長老)の周囲を6本のイクパスイが囲む形になります。エカシは、北海道の大自然の中で生きてきたアイヌ民族の歴史の象徴であり、民族的エネルギーの体現者でもあります。イクパスイは、儀式の際に神々にお酒を捧げる最も重要な祭具です。しかも、6はアイヌ文化においては、「たくさん」を意味する大切な数です。

 中央のエカシは、木彫工芸の第一人者として知られる阿寒湖の藤戸竹喜先生に創っていただき、6本のイクパスイは、瀧口政満氏(阿寒)、藤戸幸夫氏(津別)、貝澤貢男氏(二風谷)、貝澤徹氏(二風谷)、貝澤幸司氏(二風谷)、貝澤守氏(二風谷)のいずれ劣らぬ6名の工芸家の方々に創っていただきました。
最も利用客の多い西改札口前にそびえる素晴らしいアイヌアートは、新しい時代の到来を告げてくれることでしょう。


 光栄なことに、この深い精神性が込められた歴史的モニュメントの建設を、私たち一般社団法人札幌大学ウレパクラブが担いました。
 みなさまもぜひ、この歴史的な事業にご参画ください。個人様は一口 1,000円から、企業様は一口 10,000円から、ウレパクラブの会員の方や、非会員の方、どなたでもお申し込みすることが出来ます。

 モニュメントの設置は、平成26年2月2日(日)に無事に完了いたしました。
当日は、ウレパクラブの学生たちによるカムイノミ(神への祈り)の儀式を執り行いました。このモニュメントの建設は、ただ札幌の玄関口にオブジェが造られただけではなく、アイヌ文化は北海道の象徴の一つと再認識することを意味し、アイヌ文化再興のための大きな一歩となります。現在はウレㇱパクラブが2か月に一回ほどの点検・清掃を行っています。ご賢覧のため札幌駅に来られた際には、ご迷惑をおかけする場合もありますが、その都度最大限の対応をさせていただきますので、ご理解とご協力のほどお願いいたします。
 なにとぞ、趣旨をご理解いただき、ご賛同ならびにご寄附を賜りますよう、引き続きお願いいたします。



◆なお、ご協力いただいた方のご芳名は、このホームページに掲載させていただきます。
掲載を希望されない方は、お手数ですが、お申込みの際にウレㇱパクラブまでご連絡ください。

※ すでにお振込みいただいている方で、申込書を出していない方は、お手数ですが下記までご連絡ください。


お申込み方法
 お申込みは、下記のPDFを印刷して、必要事項にご記入していただいた後、ウレパクラブまで、FAXまたは郵送やメールにてお送りください。

① FAX:011-852-9335 (札幌大学ウレパクラブ事務局直通)
② 郵送: 〒062-8520  北海道札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1 札幌大学内 7513号室
                   一般社団法人 札幌大学ウレパクラブ 宛
③ メール: urespa@sappro-u.ac.jp

申込用紙はこちら>>>

寄付者ご芳名>>>

ウレパクラブ
新規会員募集中!

札幌大学生の新規入会も随時募集しています!
クラブ活動に興味のある方は、
中央棟5階7513号室へ気軽にお越しください!

札幌大学ウレパクラブ
facebook
うれしばぁ(透過)...gif

ブログもやってます!
ウレㇱパ☆ブログ

logo_01.gif
キャンペーンムービーに
ウレパクラブの
メンバーが出演しています!

お問い合わせ先

〒062-8520
北海道札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1
札幌大学内 7513号室
一般社団法人 札幌大学ウレパクラブ
TEL・FAX:011-852-9335
E-mail:urespa@sapporo-u.ac.jp

代表理事 本田 優子